過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

【大桑店】医薬品等一斉監視指導の実施

まだまだ暑い日が続きますね!木曽の朝晩はずいぶん冷え込んできました。

 

さて、大桑店では8月21日(金曜日)に保健所の監視指導が行われました。

これは薬局・医薬品販売業者・医薬機器販売業者等に対して保健衛生上の観点から監視指導を行うということで、長野県では毎年夏(8月前後)に一斉に実施されます。

県内の薬局では夏の恒例行事と言っても過言ではなく、7月に保健所から日程の連絡を受けると「今年も夏が来たなぁ」と思います。

この監視指導を毎年、行っていただけることにより自薬局が適正に業務を遂行できているということが再確認できます。

主な確認内容としては

◆店内の掲示物(許可証、OTC販売に関するもの等)

◆分類別に陳列されているか

◆各種記録類のチェック(OTC販売記録、医薬機器販売関連、研修記録等)

◆麻薬・覚せい剤原料・向精神薬の保管状況など

また健康食品等で過大な表現がされていないか、適正な表示ができているかも確認されます。

 

今年は麻薬の廃棄があれば一緒に行ってもらえるとのことだったのでお願いしました。

おおむね1時間で終了。特に問題なしとの結果をいただきました。

 

大桑

先にも言いましたが、監視指導が来ると夏が来る・・・。

次の夏もあっという間に来るのでしょう。ひとまずは木曽の冬を乗り越えなければ…(気の早い話)。

大桑店 山瀬 聡

2015年08月25日

関連する人気記事

Copyright(C) 2022 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE