過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

アメリカ研修報告 2011年度

今回は小規模メールオーダー薬局の

「マンデルズファーマシー」について報告させていただきます(^0^)

ここはニュージャージー州の閑静な住宅街です。
そのはずれに位置しているテナントビル
の一角にある薬局です。

「広大な敷地に大きな駐車場を完備しています。」

テナント内にはデンタルクリニックもありました。

それ以外は医療に関係ないものばかりだったような・・。


「これが入り口になります」

ちょっと拍子抜けしてしまうくらいの入り口です。

建物は築30年くらいは立っているような感じでした・・・^^;

ここでは主に不妊治療専門の薬剤を扱っており、他の薬局との

差別化を図っています。

1本800ドルするような薬剤もあるそうですが、ものすごい勢いで出ていきます。

このような治療を受ける人は富裕層が多く、支払いに関してもほとんどトラブルもなく

安定した収入があるのも強みとのことです。

1日120名の処方箋調剤を行いますが24時間365日の体制でカウンセリング

を含めて対応を行っておりますので、本音はボスがいないから言うけど

「超しんどい」と言っていました・・・・^^;


(電話対応の様子です。)

ひっきりなしにかかるそうですよ・・・

1000平方メートルの中に調剤室やこのようなブースがあります。

現在では、21州にまたがって処方箋が来るほどになりました。

そのため薬剤師もライセンスの更新が必要になります。

(各州の調剤ができるように、対象の州の法規試験にパスする必要がある)

これもまた大変です・・・・

(調剤室内です)

薬剤師が3名に対してテクニシャンは10名ほどおられます。ここでは

発送も含めての作業もあるため多くの人が勤務されています。

(無菌調剤室です=意外と簡易的に見えますが・・・)

気になる年収は・・・・・

の質問にサラッと「10万ドルです!」って・・・

「ウォルグリーンは25万ドルですよ!」と笑顔で答えてくれました^0^

専門性も極めることで、安心や信頼を勝ち取ることができるとのことでした。

「確かに!!」

私たちの取り組む方向性のヒントになりました!!

ちなみに答えてくれた薬剤師の先生は5年間もバーケーションを

取れてないといっていました・・・(汗)

次回はオフショットです^^

医薬事業部 勝村弘人

2011年11月07日

関連する人気記事

Copyright(C) 2020 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE