過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

誤調剤による死亡事故について

調剤ミスにより、春日部市の女性を死亡させたとして、この8月19日に
管理薬剤師と同薬局の経営者の2名を書類送検した事故が発生しました。

これは、単なる調剤事故ではなく、
現役のさいたま県薬剤師会会長の薬局で起きた事故だったり、
取り違えた薬剤が毒薬であったり、死亡させてしまったことも手伝ってか、
業界紙だけでなく一般紙やテレビでも大きく報道されました。

新聞記事だけの情報で、過誤の原因については、少し不明な点があります。
しかし、あってはならない事故であり、医薬分業の理念の根本を揺るがすような
問題でもあり、国民や患者からの薬剤師に対する信頼を大きく損なう行為である
と私も思います。

最も大きな、長期的な問題は、インターネット販売の規制緩和です。
楽天の三木谷社長などが、以前から厚生労働省に訴えているのですが、
「薬の供給」を、今の薬剤師・今の薬局に全て任せて安全が保たれるのか・・・
国民の疑問の声が聞こえてきます。

私たちは、常に患者さまの健康を守るために行動しなくてはなりません。
安全は最も優先される事項です。
「客を待たせたくないので、部下に薬の中身を確認させなかった」や
「社長から失敗を叱責されるのがイヤで、報告をしなかった」などの
姿勢で、決して業務をさせないよう私たちも再度徹底したいと思います。

亡くなられた患者さまに対し心よりご冥福をお祈りいたします。

2011年08月24日

関連する人気記事

Copyright(C) 2020 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE