過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

【坂下店】勉強会@OS-1

今年の夏はまさに異常気象とも言える暑さで、毎日ニュースや新聞は各地の気温を大々的に報道されています。

そんな暑さの中特に気を付けなければならないのが熱中症です。

 

そこで、今回は大塚製薬さんにお願いしてOS-1の勉強会を開いて頂きました!

「OS-1」と言えば所●ョージさんのCMでもおなじみ、『飲む点滴』とも呼ばれる経口補水液です。

熱中症の原因は体温が上昇することで体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まることにあります。

通常は汗をかくことで熱を対外に放出し適度な体温を維持しますが、脱水状態になると汗をかけず

さらに熱が体内に溜まるため、熱中症のリスクが高くなってしまいます。

 

そこで熱中症対策として重要となるのが「脱水対策」です。

脱水対策としては適切な量の水分、電解質、糖分の摂取が必要ですが、経口補水液を飲むことで

軽度~中程度の脱水症であれば十分対応可能と考えられています。

これを経口補水療法(ORT)といい、医療従事者及び患者様双方にメリットがあるため

最近注目されている治療方法となっているそうです。

 

市販の経口補水液には様々な種類のものがありますが、その中でもOS-1はNaやKといった電解質だけでなく

糖分(小腸での吸収を高めるため。甘くするためではない!!)も理想的な割合で配合されており

脱水対策として適していると考えられます。

 

特に高齢の方やお子様は脱水リスクが高く注意が必要です。

高齢の方は生理機能が落ちているのと同時に体内の水分量も少なくなっています。

さらに患者様によってはトイレが近くなる事を嫌って水分摂取を控える方や、経口補水液への理解が乏しく

自分では水やお茶だけを飲んで脱水対策が出来た「つもり」

でも実は脱水状態になっているという方もおられます。

お子様も体温調節機能が発達していないことや、感染症による下痢・嘔吐が起こりやすいなどの

脱水リスクが高くなっています。

 

一時期の暑さは多少和らいできましたが、まだまだ暑い日が続きます。

服薬指導の中から患者様の脱水リスクを察知し、適切なアドバイスが出来るようになりたいと感じました。

坂下店 三宅

2018年08月31日

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE