過去の投稿記事

【先輩薬剤師にインタビュー】E・Y(大徳店所属)

出 身 地:石川県

出身大学:北陸大学

入社2年目(2016年入社)

Q.1  : 「これが私の仕事」

<地域の方々が健康に過ごすお手伝いをすること>

薬局といえば処方箋調剤のイメージがあるかと思いますが、いらっしゃる方は処方箋を

持った方だけではありません。

健康相談や、OTC・サプリメント等を買いに来られる方もいらっしゃいます。

健康相談に応えたりOTCを選んだりするのは処方薬を渡すのとは別の難しさがあります。

まだまだ知識不足な部分もありますが、対応するたびに新しい発見があるのでとても勉強になります。

外来のほかにも施設調剤も行っています。

処方医や施設スタッフ等、他職種との連携では、より専門性の高い内容が求められます。

たとえば入居者様の服薬状況に合わせて剤形変更や粉砕、簡易懸濁など、服用方法の提案を行います。

他剤形への変更や粉砕・懸濁の可否の判断は、薬剤師ならではの仕事だと思います。

検査値やADIの確認も重要な仕事です。

結果に基づき処方提案を行ったり、服用薬に応じて、追加での検査提案も行うこともあります。

 

Q.2  : 「だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード」

<挨拶・清掃>

毎朝、鍵開け当番の人が朝の掃除をすることになっています。

薬局の窓や入口の自動ドアを拭いているとき、通りかかった地域の方に挨拶をします。

挨拶を返してもらえると元気がもらえる気がします。挨拶してくれる方にも元気をあげられるように、

自分から笑顔ではっきりと「おはようございます」と挨拶するように心がけています。

門前の処方箋だけでなく、面での処方箋や健康相談などは地域の方に知ってもらい、

地域の薬局として利用してもらうことでできる業務です。

挨拶は地域の一員として認識してもらえるきっかけの一つであると思うので、

挨拶をしてもらえると嬉しく感じます。

朝の清掃が終わった後の薬局内の空気が好きです。

きれいになった店内を見て1日の始まりを感じ、今日も1日がんばるぞという気分になります。

 

Q。3: 「ズバリ!私がこの会社を選んだ理由、ここが好き」

<一緒に働く人が好き>

就職活動を始めたとき、一生続けて働ける会社に就職したいと思っていました。

そのために重要なのは人間関係だと考えました。

合同企業説明会で「職場の仲間はともに山を登る仲間だ」という社長の言葉に衝撃をうけて

企業説明会と店舗見学会に参加しました。

店舗見学でお会いした方々の笑顔で働かれている様子や職場の仲間にも丁寧に対応する様子を見て

この人たちと一緒に働きたいと思い、就職を希望しました。

働き始めてから気がついたのは、仕事と遊びのメリハリはしっかりとしていることです。

普段はまじめに仕事をしていますが、社内行事はとても盛り上がります。

特に社員旅行や全体会議は普段は会う機会が無い他県の店舗で働く方とも話すことが出来る貴重な機会です。

仕事と遊び、どちらも全力で取組むところが私は好きです。

 

Q.4  : 「先輩からの就職活動アドバイス」

<整理整頓>

就職活動でいただいた名刺や資料、説明会でとったメモは、会社ごとに分けて日付を書いて

保管するといいと思います。そして説明会や見学会の前に、以前いただいたものやメモを見返して

会社の特徴や、担当の方がどんな方だったのかを思い出して、確認したいことをチェックします。

そうすることで担当様との会話も、自分の記憶の整理もスムーズに行えます。

2017年08月16日

Copyright(C) 2017 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE