過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

ジェネリックへの対策

この春、4月1日から診療報酬改定に伴い、
処方せんの様式が変更になります。
これは、発行する医療機関側の話ですが
私たち、薬局側も対応しなくてはなりません。
処方せんの特定の場所に
「後発品医薬品への変更不可」の欄があります。
ここに医師の印(または本人の署名)がなければ
患者様は、薬局と相談し、後発(ジェネリック)医薬品に
変更する事ができます。
少しややこしいのですが、
要するに、ジェネリック医薬品への切り替えが進行するということです。
現在、
私たちは、社内でどの薬剤を取り揃えるか検討しています。
・円滑に毎日納品できる流通体制があるのか。
・薬価の差はあるが、効果はしっかり得られるか。
・また、副作用などの頻度が明確になっているか。
・メーカーのDIに問い合わせしても、信頼あるデータを持ち合わせているか。
・MR(営業の人)の体制もしっかりとしてサポート体制がとれるのか。
などなど
価格が安ければ、全ていいという訳ではありません。
効果が得られなくて、元の薬剤に変更された事例もありました。
また、同効薬でmg数もいくつか規格があるものは、
調剤カゴの確率も高まります。
薬剤師がしっかり監査し、正確にお渡しするのに
今までより時間がかかります。
私たちは、患者様が混乱しないよう
しっかり精査して、スタッフが連携し、
ミスのない調剤業務を遂行していこうと思っております。

2008年01月30日

Copyright(C) 2022 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE