過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

平生が全てである

「 平生(へいぜい)が全てである 」
という言葉には多くの意味が存在しています。
今回は薬局の患者様に対する薬剤師の
姿勢についてです。
さて
クレーマーと言われる方が薬局にも来店されて
いちゃもんをつけたり、大きな声でさけんだり・・・
全国の薬局のスタッフの方も悩むことが
あるのではないでしょうか?
トラブルを起こしたら非常にまずく注意が
必要な方のことです。
この「平生」とは
その方にしてはいけないミスをしても
いつもの心がけをしっかりしていれば
問題は最小限で対処できるということです。
これは、社員間であったり、
上司と部下であったり、
取引先との関係であったり
債権者(銀行)との関係であったり
全てのステークホルターに対して
いえる事です。
いつもの接客が、いつもの笑顔が
トラブルの時には、凄く役に立ちます。
接客は「平生が全てである」と思います。

2007年05月25日

Copyright(C) 2022 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE