過去の投稿記事

先輩薬剤師の声

あなたの薬局の薬剤師会費はどれくらい?

5月20日(日)に岐阜県薬剤師会恵那支部の
総会があり出席してきました。
今回の最大の課題は、薬剤師会費および内査費を
見直すことです。
全国に展開する薬局チェーンが、この会費や
FAX料をめぐって地方の県薬剤師会や各支部で
異論を唱えたり、脱退をしている訳です。
ここでこの地区の決定内容を紹介します。
岐阜県薬剤師会へ      1枚につき    ・・・    5円
恵那支部保険部会へ    1枚   800枚 ・・・ 3000円
801枚 1600枚 ・・・ 5000円
1601枚 2400枚 ・・・ 7000円
2400枚        ・・・ 9000円
恵那支部の中の中津川薬剤師会
一薬局一率   2000円
それ以外にFAX代
公立の病院からのFAX枚数に応じて
1枚につき    ・・・    50円
今までは全て1枚あたり〇〇円徴収という形でした。
全国の調剤チェーンはある意味リスクをおかし建物や地代に投資をし、
それ以上のリターンを求めて積極的に出店してきました。
しかし
大切な調剤フィーから得た利益を1枚〇〇円という枚数を
伸ばせば伸ばすほど「活動しているか不明な薬剤師会」に
取られては、たまらない。
意味のある会費ならば支払う、
という所です。
ある意味よくわかる話です。
しかしこの岐阜県下の恵那・中津川という地域の薬剤師会は
非常にまじめで勉強会や福祉活動にも参加し
真っ当な事業活動をしている地域と言えるのではないでしょうか。
当社は、石川県金沢市、岐阜県瑞浪市、長野県木曽郡にも
出店しておりますが、近隣地域において事業活動が明確でないが
徴収額は多額である地域もあるようです。
経営的に楽だとか苦しいからという理由でなく
薬局経営オーナーは
会社(薬局)が支払うキャッシュはその額に見合う価値を
しっかり把握しているはずです。
見合わないものは、いずれ影響力の大きい企業が
価値と価格の相違について異論を唱えます。
今回の薬剤師会費の見直しは、概ね妥当なのでは
ないでしょうか。
(見直しは今後必要ではありますが)

2007年05月22日

Copyright(C) 2022 Helix Care Pharma Co.,Ltd. HANANOKI PHARMACY All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE